引越し 体験談

MENU

今日、高校時代の友人からメールが来ました。

高校時代は毎日学校で一緒に過ごして、さらに帰宅後も電話したりっていう親密度だったけど、私が結婚してからは、実際に会うのは年に一度くらい。

 

月に1度くらいの感じでメールが来て、その日は何度かやりとりするっていうつきあいがずっと続いています。

 

今回も

 

「色々、どうよ?」

 

っていうメールが入って、こちらの近況報告とか、ちょっと面白かったことなんかを何通かやりとりしてました。そしたら何通目かに

 

「あ、そうそう、そういえば今、長野にいるんだ」

 

というのが来て、旅行かと思ったら引っ越したとのこと。びっくり。
この友人は気楽な独身、職業はフリーのプログラマーで、まぁ、パソコンさえあればどこででも仕事は出来るといえば出来る。

 

先月にふと思い立って急な引越しとなったそうです。

 

「ホントは北海道に引っ越したかったんだけど、今のところ仕事のクライアントはほとんどが東京だから、そこまで離れるのはダメかと思ってね。ま、飽きたらまたどっかに引っ越すよ」

 

って、羨ましい限りのフリーダムっぷり。

 

もともと女性にしては洋服や小物類といったものをあまり多く持たず、シンプルな生活をしているようなので、引越しの準備も「ふと思い立つ」レベルでさくっと出来ちゃうのかもしれませんね。

 

シンプルで自由…なんか、カッコイイなぁ、いいなぁって思います。